禁煙したいならチャンピックスを使ってみてください。禁煙できなかった方も一度チャンピックスを使ってみて欲しいです。初めてチャンピックスを使うとほとんどの方が禁煙に成功するようです。ではチャンピックスについて説明していきます。

チャンピックスについて説明する男性

酒とパチンコとタバコ、チャンピックスで禁煙成功

酒、パチンコ、タバコ、この3つに共通するのは、どれも依存性が高いということです。
アルコールとニコチンは、脳に快感をもたらしてもっと欲しいと感じさせます。徐々に快感を感じるのに必要な量が増えていき、最後にはアルコール中毒、ニコチン中毒、になってしまいます。
パチンコは、アルコールやニコチンのような快感物質がパチンコ台から発せられるわけではありません。パチンコに依存してしまうのは、必ずしも当たるわけではないからです。必ず毎回当たる台であれば、それほど魅力は感じません。結果はわかっているので、たいして面白みを感じないからです。パチプロなら良い稼ぎになるかもしれませんが、依存の動機としては弱いです。
依存に陥ってしまうのは「もう一度やったら当たるかもしれない」という期待があるからです。これが気持ちを高揚させて、一種の快感状態に誘います。
酒、パチンコ、タバコはどれも依存性が高く、ハマってしまうと自力で抜け出すのが難しいものの代表です。
このうち、タバコに対してはチャンピックスという禁煙補助剤があります。チャンピックスは成功率92.6%を誇る薬で、今までの禁煙補助剤が効かなかった人にも効果が期待できるとされています。
ニコチンパッチやニコチンガムのようにニコチン成分が含まれていません。代わりに「バレニクリン酒石酸塩」という成分が使われています。この成分が脳内のニコチン受容体に結合すると、タバコを吸いたい気持ちが抑えられます。もし吸ってしまっても「バレニクリン酒石酸塩」がすでにニコチン受容体に結合しているので、ニコチンが入ってきても新たな快感を感じず、タバコを美味しいと感じなくさせることができます。